注意事項

メンテナンス

メンテナンス告知

メンテナンス中はTOPSICの全てのサービスがご利用いただけません。 お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。 メンテナンスの実施日程については、メンテナンスメッセージでお知らせいたしますので、ご確認ください。 ※管理者様はトップページのお知らせからも確認いただけます。

ログイン画面上部にメンテナンスの実施時間についてのメッセージが表示されます。


受験制限

受験中にメンテナンスが実施されてしまうと、正常な受験ができなくなってしまう恐れがあります。 そのため、メンテナンス開始時刻が近づくと受験開始が制限される場合があります。 ご不便をおかけいたしますが、ご了承ください。

メンテナンス開始時刻までに終了しない可能性があるイベントは、受験を開始できません。

例)現在時刻が9:00、メンテナンス開始時刻が10:00とする。

  • イベントの制限時間が60分未満の場合は、受験を開始できる。
  • イベントの制限時間が60分以上の場合は、受験を開始できない。

受験開始が制限された場合、受験画面にリダイレクトされ、メンテナンスメッセージが表示されます。


定額制の受験制限

イベントに受験者を登録する際の注意点です。 登録方法については、こちらをご確認下さい。

同一テストの繰り返し受験

1年間の契約期間内では、同じテストを使用した複数のイベントに同じ受験者を登録することはできません。 しかし、契約期間が更新された場合は、同じテストを使用した別のイベントに登録できるようになります。

つまり、X年契約を続けた場合、各受験者は最大X回まで同じテストを受験することができます。

イベントに受験者を登録する際には、以下のようなフローを辿ります。 イベントAとイベントBは同じテストを使用した別のイベントとし、他にイベントは存在しないものとします。

①の場合、SI太郎はイベントAに登録することができます。

②の場合、SI太郎は既にイベントBに登録されています。 しかし、イベントBに登録したのは現在の契約期間よりも前であるため、昨年度(またはそれ以前)の分として登録されています。 そのため、今年度の分としてイベントAにも登録することができます。

③の場合、SI太郎は既に今年度の分として同じテストを使用したイベントBに登録されています。 そのため、同じテストを使用したイベントAに重複して登録することはできません。 イベント編集画面において、これに該当するユーザーが存在した場合、以下のメッセージが表示されます。


受験権利の失効

既にイベントに登録してある受験者を解除すると、その受験者の受験権利は失効されます。 仮に昨年度に登録してあった受験者を解除した場合、再び同じイベントに登録すると今年度の分として登録されます。 ※昨年度(またはそれ以前)の分の受験権利を失効した場合、再度取得することはできませんのでご注意ください。 イベント編集画面において、これに該当するユーザーが存在した場合、以下のメッセージが表示されます。